2017年7月27日実施ラーフ&ケートゥスペシャルプージャ(記念品付き)

販売価格
39,000円(内税)
購入数
2017年7月27日のラーフとケートゥの移動に合わせ、27日の日本時間午前10時半〜午後7時半に南インドの有名寺院2箇所でそれぞれ、ラーフとケートゥのスペシャルプージャを行います。

下にお客さんによる日本語訳と英語の原文の案内を貼っておきます。
今回はペンダントトップになるような祈祷済みの記念品(ラーフとその配偶者などの意匠の)もお申込者全員にもれなくご用意する予定です。

お一人様39000円、ご夫婦参加の場合54000円でお申し込みいただけます。
奮ってご参加くださいませ。

【早期割引】6月27日までの複数人のお申し込みの場合、お2人目以降27000円でお申し込みいただけます。

【さらにスペシャルオファー】4月中の3人分のお申し込みは3人目無料

Rahu-Ketu Peyarchi – Transit: 27 July 2017
March 8, 2017 by agastya

AUM SRI SAI RAM
RAHU – KETU PEYARCHI TRANSIT
27 July 2017
Rahu and Ketu
Shadow planets Rahu and Ketu are ever retrograde in their motion. Forever chasing Sun and Moon in order that they might avenge their beheading by Sun and Moon after the Churning of the Ocean. With such action, they cause the eclipse of Sun and Moon. Where eclipses happen, the nakshatra is spoiled for the next six months. As shadow planets, they move through the birth chart signs with retrograde motion and every 18 months, change signs (peyarchi). The important Rahu-Ketu axis – has significance for nations and their leadership in particular – changes signs. All is change in the body of time and space. The Shadow Planets Rahu and Ketu also elicit, by their transit and retrograde motion, changes within the human person. Rahu and Ketu affect all with their transits. During July of 2017, Rahu will move to Cancer; Ketu will move to Capricorn.

The scriptures and sastras speak of symbolisms of Rahu and Ketu. Rahu and Ketu are supposed to be serpents. One is the Head; the other is the Tail. Lord Vishnu is reclining on the serpent bed. Lord Shiva is wearing serpents as ornaments on the head, and around the wrists and hands. Lord Subramanya is always with a serpent. Lord Krishna danced on Kalinga, the many-headed serpent. Thye churning of the ocean used a serpent. There are many fables in ancient Hindu scriptures where Serpents played important roles in building or destroying the destiny of an individual or a nation. The Cobra is said to obey certain laws and it is expected to conform to Truth. It will never bite ordinarily. It has a dreadful yet attractive hood. In the Puranas it is said that Cobras are endowed with gems of extreme brilliance.
Arthava Veda gives the following mantra:
May we get welfare from the planets and Moon. May we get welfare from the Sun as well as Rahu

So we take the sacred narrative given above that the actions of Rahu and Ketu are in fact loka sevanam, actions taken for our welfare on this our home planet, Bhumi Devi (Mother Earth). This action of the two shadow planets, causing eclipses, is in fact for our spiritual progress: what is dark must be brought out into the light. What is in our birth chart must be experience, we must do the seva indicated by the 6th house and serve with selfless love, nishkama karma; thus do we multiply love on the Earth as our service reaches the heart of the other, wherein resides as hrudaya vasi, Easwara in the form of God.
Rahu is currently transiting Leo where it is in Magha nakshatra. On 27 July 2017, Rahu will transit to Kartaka rasi (Cancer), Ashlesha nakshatra. For a long time, Rahu has been residing in Leo and Magha asterism. Knowledge confers humility. As Leo is the natural 5th house, the presence of Rahu (charakaraka, giver of fraud, deception, deceits, personal and professional advance by any means) may have caused some to rely on knowledge and learning where there is insufficient depth, actual learning and experience. True learning requires Jnatum, Drashtum, Praveshtum, processes of internalising and embodying the learning to proper degree. Rahu will not follow dharma; true learning and qualifications may be suspect.
Ketu is currently transiting Aquarius. On 27 July 2017, Ketu will transit to Makara rasi (Capricorn), Dhanishta nakshatra. Rule is Kuja vat Ketu, Ketu behaves like Mars. Capricorn is an earth sign, and ruled by Shani (Saturn) – therefore several influences on Ketu in Capricorn rasi. Ketu in Capricorn has exploration of deep issues in the outer world and seeking inner and outer resolution of social conflict. Ketu also takes time, slows down (Saturn dispositor) and engages in deep thought. Location of birth planets Ketu, Kuja and Shani along with Moon (presiding deity of mind) are important to determine influences and remedies needed.


Thirunageswaram Raghu Temple

On this auspicious occasion, AGASTHIYA TAMIL CALENDAR; Tamil Varudam Sri Gevilambi Tamil month Adi 11th Thursday,
27th July 2017 at 12.42 PM Rahu moving into Star of Ayilyam 4th Part and Kethu avittam 2nd Part
The Pooja will be held on 27th july 2017,Thursday 7AM to 4PM. On this auspicious occasion,Archana (prayers), Abhishekam (pouring of libations amidst chanting of mantras), Homam (ritual offerings to fire), Sankalpam (sacred resolutions and intentions) and Puja (offerings) will be performed to Lord RAHU Bhagavan at THIRUNAGESWARAM TEMPLE,Tamilnadu and for KETHU Bhagavan at KEELA PERUMPALLAM Temple.


Kethu Temple at Keela Perumpallam


WHO Should Participate?
Persons having the following MOON SIGNS below will also obtain benefit with completion of Archana (prayers), Abhishekam (pouring of libations amidst chanting of mantras), Homam (ritual offerings to fire), Sankalpam (sacred resolutions and intentions), and Puja (offerings) to propitiate Lord Rahu and Lord Ketu:
TAURUS
LEO
VIRGO
SCORPIO
AQUARIUS
PISCES
Persons with the above-mentioned Sun and Moon signs are advised to perform Archana (prayers), Abhishekam (pouring of libations amidst chanting of mantras), Homam (ritual offerings to fire), Sankalpam (sacred resolutions and intentions), and Puja (offerings) to obtain relief from afflictions due these transits and to seek good effects from Lord Rahu and Lord Ketu. All grace from Gods requires effort; participation in these Archanas, Abhishekhams, Homams, with Sankalpams and Pujas will obtain the needful benefits.
WHO Will Also Benefit in Participating?
(Unfavourable MOON SIGNS)
Persons having the following MOON SIGNS below will also obtain benefit with completion of Archana (prayers), Abhishekam (pouring of libations amidst chanting of mantras), Homam (ritual offerings to fire), Sankalpam (sacred resolutions and intentions), and Puja (offerings) to propitate Lord Rahu and Lord Ketu.
ARIES
GEMINI
CANCER
LIBRA
SAGITARIUS
CAPRICORN
Join this Sacred Activity for Rahu-Ketu Transit (peyarchi)

影の惑星であるラーフとケートゥは、常に逆行しています。
彼らは、乳海撹拌の後に太陽と月(の告げ口)により首を斬られた事に復讐するため、永遠に太陽と月を追いかけています。
(Ra/Keは黄道:地球から見た太陽の通り道と、白道:月の通り道の2つの交点で、
常に反対の位置にあって、他の星とは逆回りに動きます)
この動きによって、彼らは太陽と月の日食を起こします。
日食が起こると、そのナクシャトラ(星宿)は6ヶ月間蝕まれます。

影の惑星として、彼らは逆行をしながら出生チャートの星座を移動し、18ヵ月ごとに星座を移ります。
重要なラーフ-ケートゥ軸の移動は、特に国やそのリーダーにとって重要な意味を持ちます。

万事は時空体の中での移り変わりです。
影の惑星ラーフとケートゥもまた、その移動(星回り)や逆行によって、人(或いは人体)に変化を引き起こします。
ラーフとケートゥはその移動で全てに影響を与えます。
2017年の7月にラーフは蟹座に、ケートゥは山羊座に移ります。

聖典とシャーストラは、ラーフとケートゥの象徴するものについて語ります。
ラーフとケートゥは蛇であると考えられています。一つは頭です。
もう一つはしっぽです。
ビシュヌ神は蛇のベッドに横になっています。シヴァ神は頭の上や手首や手の周りに装飾品として蛇をまとっています。
スップラマンニャン神は常に蛇と一緒にいます。
クリシュナ神はカリンガ(Kalinga、多頭の蛇)の上で踊りました。
彼らは乳海撹拌に蛇を使いました。

古代のヒンズー教の聖典には、蛇が個人や国家の運命を築いたり破壊したりする上で、重要な役割を果たした多くの寓話があります。
コブラは特定の法に従うと言われていて、それは真実に従うと説明されています。
それは決して普通は噛みません。
それは恐ろしいけれど魅力的なフード(覆い)を持っています。
プラーナでは、コブラには至高の輝きの宝石が与えられていると言われています。

アタルヴァ・ヴェーダは次のようなマントラを与えます:
May we get welfare from the planets and Moon. May we get welfare from
the Sun as well as Rahu.
願わくば、私たちに星々と月から福祉(福利)を与えてください
願わくば、私たちに太陽とラーフからも福祉(福利)を与えてください

ですので、私たちは上にあげた神聖な物語を、ラーフとケートゥの行動が、
実際にはloka sevanam(loka :世界 sevanam: 奉仕の行動)であり、
これは私たちの故郷、Bhumi Devi(Mother Earth、母なる地球)での、
私たちの福祉のために取る行動であると捉えます。

日食を引き起こす2つの影の惑星の行動は、実際には私たちの精神的進歩のためのものです。
:暗いものは光の中に引き出されなければなりません。

私たちの出生図にあるものは経験されなければなりません。
私たちは第六室に示される(※チャートの6室は奉仕、仕える事を表します)seva(セヴァ、奉仕)を行い、
無私の愛、nishkama karma(nishkama:無欲、利己的でない、karma:
行為、行い)に仕えるべきです。

こうして、私たちの奉仕が他の人の心、hrudaya vasi(hrdaya:心、ハート、
vasi:住む )として(心に)住まうもの、
神としてのイーシュワラ※に届くよう、私たちは地球上で愛を増やします。
(※このイーシュワラは難しいです)

ラーフは現在獅子座の中のマガーのナクシャトラを通過中です。
2017年7月27日、ラーフはカルタカの星座(蟹座)、アーシュレーシャのナクシャトラに移動します。
長い間、ラーフは獅子座とマガーの星座(星宿)に在住していました。
知識は謙虚さを与えます。

獅子座はナチュラルの(ナチュラルゾディアック:12星座を牡羊座から数えて)5番目のハウスであるため、
ラーフ(詐欺師、偽装、企み、個人的そして職業的な進歩出世のチャラカラカ:chara:可動
karaka:表示体)が存在すると、
実際の学識経験の不十分な深さの知識や学習に頼ることがあります。

真の学習には、Jnatum(見る事)、Drashtum(知る事)、Praveshtum(中に入り込む事)が必要であり※、
適度に学習を内在化し(自分の中に取り込み)、具体化するプロセスが必要です。
(※バガヴァット・ギータの11-54 http://www.holy-bhagavad-gita.org/chapter/11/verse/54


ラーフは法を守らないでしょう。
本当の学習や資質は疑わしいかもしれません。

ケートゥは現在山羊座を通過中です。
2017年7月27日、ケートゥはマカラの星座(山羊座)、ダニシュターのナクシャトラに移動します。
(ダニシュターの)支配星はケートゥの入っているクジャ(火星)です。ケートゥは火星のように振る舞います。
山羊座は地の星座であり、シャニ(土星)によって支配されています -
したがって、山羊座のケートゥに幾らかの影響があります。
山羊座のケートゥは、外界の深い問題を探究し、社会的な葛藤の内外の解決を模索しています。

また、ケートゥは時間がかかり、スピードを落とし("ディスポジター:ケートゥがいる山羊座を支配する土星"の影響)、
深い思考に従事します。
出生チャートのケートゥ、火星、土星と月(心を司る神)の位置は、その影響や必要な処方を決めるうえで重要です。

この幸運な時、
アガスティア・タミル歴; Sri
Gevilambiの年、アディ月11日の木曜日、2017年7月27日12時04分に
ラーフがayilyamの4番目のパートに入り、ケートゥがavittamの2番目のパートに入るとき、
プージャは2017年7月27日木曜日の午前7時から午後4時まで開催されます。

この幸運な時、
アルチャナ(祈り)、アビシェーカム(マントラを唱える中で捧げものを注ぐ)、ホーマム(火に供物をささげる儀式)、
サンカルパム(神聖な決意と意志)、プージャ(奉納)は、
ラーフ・バガヴァンにタミルナドゥのTHIRUNAGESWARAMテンプルで、
ケートゥ・バガヴァンにはケララのPERUMPALLAMテンプルで開催されます。

誰が参加すべき?
月の星座が以下の人は、ラーフ神とケートゥ神をなだめる為に
アルチャナ(祈り)、アビシェーカム(マントラを唱える中で捧げものを注ぐ)、ホーマム(火に供物をささげる儀式)、
サンカルパム(神聖な決意と意志)、そしてプージャ(奉納)を完了することで恩恵を得るでしょう。

TAURUS 牡牛座
LEO 獅子座
VIRGO 乙女座
SCORPIO 蠍座
AQUARIUS 水瓶座
PISCES 魚座

上記に太陽と月がある人は、ラーフ神、ケートゥ神のトランジットによる苦痛からの救済を得るため、
そして良い効果を得るために、アルチャナ、アビシェーカム、ホーマム、サンカルパム、プージャを行う事が勧められます。

神からのすべての恵みには努力が必要です。
これらのアルチャナ、アビシェーカム、ホーマム、サンカルパム、プージャへの参加は、必要な恩恵を得るでしょう。

参加して恩恵を受けるのは誰ですか?
(好ましくない月の星座)

月の星座が以下の人は、ラーフ神とケートゥ神をなだめる為に
アルチャナ(祈り)、アビシェーカム(マントラを唱える中で捧げものを注ぐ)、ホーマム(火に供物をささげる儀式)、
サンカルパム(神聖な決意と意志)、そしてプージャ(奉納)を完了することで、利益を得るでしょう。

ARIES 牡羊座
GEMINI 双子座
CANCER 蟹座
LIBRA 天秤座
SAGITARIUS 射手座
CAPRICORN 山羊座

ラーフとケートゥの移動(peyarchi)のための聖なる活動に参加しましょう。

--------------------------------------


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

詳しいことを知りたい方は上記を参考になさってください!

むつかしいですよね?笑


原文からして参加条件の月、太陽がちょっと曖昧なかんじなので、結局、どういう人にこのプージャはおすすめなのかインド占星術視のバラティさんに聞いたら、誰にでもだって言ってました。笑

このプージャを受けることにより、ネガティブな影響が予測される人はそのネガティブが緩和され、ポジティブな影響が予測される方は、その恩恵を最大限に受け取ることが期待できるそうです。


返品について

返品期限
商品到着後1週間以内 
返品送料
購入者側 

配送・送料について

郵便配達(EMS)など
 

支払い方法について

銀行振込